• いまい動物病院

【画期的な検査】院内でFIPの原因:猫コロナウイルスの検査ができます



FIP(猫伝染性腹膜炎)とは?


①ドライタイプ

②ウェットタイプ

の二つの型に別れており、FIPに感染した猫ちゃんの大半は①のドライタイプと言われています


【症状】


まず最初に起こる、初期症状は発熱、食欲低下、抑うつです。なかなかこの症状だけでは、すぐにFIPだと気づくことが難しく、気づいた時には症状は進行している恐ろしい病気です。診断後数日から〜数ヶ月で亡くなることもあり、予後が不良の病気の1つでもあります


【感染】


FIPはFCoV(猫コロナウイルス)が原因と言われています。FCoVが変異することでFIPを発症させるのです。


多頭飼育環境下でとても多くFIPは発生しやすいです。また、ストレスも1つのFIP発症の要因と言われており、新しい家族・避妊去勢手術・ペットホテルなども原因となることがあります。


FCoVが糞便中に排泄されることで、基本的には、その糞便から介して他の猫にFCoVは感染をもたらします。供用トイレなどが感染の原因の1つでもあります。その感染した猫のほとんどはFIPに変異することなく、健康のままか、軽度の腸炎のみの症状です。




そんなFIPの原因ともなると言われている、FCoVの検査は今までは外注に出さないと出来ない検査の一つでした。


FCoVの検査が気軽に院内で出来ることで、何がメリットなのか、


1、FIPを防ぐためにはFCoVの感染を防ぐことが大事であり、猫ちゃんを家族として受け入れる前に検査をすることで、先住猫や新たな猫ちゃんのFCoVの感染を防ぐことが出来る


2、FIPが疑われる時に簡易的な検査として、院内ですぐに行うことができる


この2点がメリットであると言えます


特に1の点は非常に大事で、FIPを防ぐためには、まずはFCoVの感染を防ぐ!それにより、治療することが非常に難しい病気のFIPになる可能性がグンと減るのです。


複数頭の猫ちゃんを飼っている方は、ぜひ検討してみてください。

これから、2頭目を家族として受け入れようかな?と考えている方にも非常に有用な検査です。



当院では即日に検査結果がわかります。ほんの少し血液を取るだけですので、猫ちゃんにも負担は大変少ないです


FCoV(猫コロナ)検査 4500円(税別)

事前予約必要です